子供の矯正治療について

work

歯列矯正は、もともと小学生高学年から高校生くらいまでの10代の若者が多くしてきた治療方法でした。永久歯が生え変わる時期はまだアゴの骨などが固まりきっていないので、早い時期に治療をすることでより簡単に歯列をきれいに整えることができやすいのだと説明をされることもあります。さらに、最近は少子化と言われており親は数の少ない子供にできるだけのことをしてあげたいと、お金のかかる歯列矯正を積極的にすすめている動きもあります。
しかし、歯列矯正については特に適切な時期というものがあるわけではなく、いつでも誰でも好きなときに治療を開始することができます。必ずしも早い時期に行う治療が最大の効果を発揮するとは限らないので注意が必要です。若年時に歯列矯正を行う場合には、メリットと同時にデメリットもあることをよく踏まえておく必要があります。
若年時に行う歯列矯正のメリットは、子供の骨格や筋肉などの発達に悪影響を及ぼすことなく治療が行えるということです。反対にデメリットとしては、子供の時に歯科治療をしたとしても、大人の歯がきちんと安定的にそろったときに必ずしもそのきれいな歯並びが維持され続ける保証がないということです。
もし成人を過ぎてから歯並びが再び乱れるようなことになれば、再度矯正治療をしなくてはならなくなります。最治療の場合の歯列矯正は治療期間が長くなってしまうことも多く、器具をつけ続ける苦痛を再度感じなくてはいけません。